上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確か2日前までは半そでで生活しておりましたが
今日は冷たい雨の影響で気温が下がっています。
こうやって、一雨ごとに秋が深まっていくのでしょうね。
スポンサーサイト
10月05日22時の実況によれば、
◆中心気圧 925hPa
◆中心付近の最大風速 55m/s(105kt)
◆最大瞬間風速 75m/s(150kt)
だそうです。
これは確かに強烈な台風ですね。(@@)
その台風が今向かっている先は台湾です。
この週末、台風15号は台湾に再接近する予測となっています。
ちょうど知り合いが何人もこの週末に台湾に行っているので
かなり心配です。

更にはこの台風、台湾をかすめた後で、方向を東に切り変え
日本も直撃しそうなコースになってきました。
いくら台風銀座の九州でも、このクラスの台風は、
ほとんど経験がありません。大丈夫なんでしょうか。心配です。
暖冬過ぎたのは確かにちょっと異常だと思いましたが、それ以上に異常なのが、強風。というか暴風。この冬、何度も暴風警報が出ました。これまで、冬に暴風警報が出るほどの強風が吹き荒れることは、まれだったように思いますが、今年は昨夜を含め、何度もそういう夜がありました。
更には日曜日は異常に気温が高く、まだ3月の初旬だというのにまるでGW期間中のような気候でした。子供たちは半そで短パンの世界。そして、今日は一転寒気。明日は更に寒くなるらしです。
短期間に、夏日から冬日に大きく気温が変化するというのも、かなり異常な印象です。
なんだか、非常に不気味な感じがする今年の冬の気候でした。
 地域によっては空梅雨と言われた梅雨が、最後には豪雨となって、明けた今年の梅雨。梅雨明けと同時に日本各地、いきなりの猛暑に見まわれているようです。しばらくは暑い暑い夏が続くようです。
 夏前半にはほとんど話題にならなかった台風も最近はちらほら話題になってきていますし、これからが夏本番ということでしょうねぇ。
 すでに夏バテぎみの私ですが、今年の夏は「りんご酢」を飲んで乗りきります。ファイト!おー!
2005.07.23 台風7号
今年もまた台風の季節がやってきました。去年は、福岡では本当に台風の当り年で、もうこれでもか、これでもか、と、やってきてましたが、今年は、気圧配置が例年と違うってことで、もしかしたら外れ年?と期待していましたのに、やっぱり来るようです。
 それにしても、来週は夏休みを取って、東京に行く予定にしていまして、飛行機が飛ばないなんてことになったら、本当に本当に困るんです。
 でも、予想コースを見る限り、福岡が台風の進路にピッタリはまらなくても、日本にかなり影響がでるのは、免れないようで。。。この際、来るなら早くきてほしい、と、個人的事情を思わず、台風にぶつけてしまう私でした。
 チーム・マイナス6%の取り組みが始まって、会社では、時々意識が飛ぶほど暑い日々を送っていましたが、ある日突然、例年通りの、冷房に凍える夏に戻りました。
 何故にここまで両極端なんだろうと不思議に思っていましたが、理由は意外なところにありました。それは、サーバーエリアがあまりの高温に耐えられずにシステムダウンを起こしてしまったことです。室温を28度に設定すると、OA機器だらけの事務所内は、それらの機器が出す熱風で、のきなみ30度を超える暑さになるわけですが、その中でも特に大型のサーバーを集めたエリアは、どうやらものすごい高温状態になっていたようで、チーム・マイナス6%の取り組みが始まってしばらくすると、いきなりダウンしてしまいました。
 サーバなしでは、仕事が進まないので、それ以来、また事務所内は、例年の温度設定に戻っています。いやはや、人間は我慢できても、機会は我慢できなかったってことですね。(苦笑)
 ほんの2週間前まで、「雨が降らない。給水制限も始まりそう。」と不安に思っていたのですが、7月に入って事情は一転。連日の雨で、福岡市の水がめ江川ダムの貯水率も90%を超えました。江川ダムは大きなダムだけあって、周辺の水をかなりゆっくり集めるらしく、雨が降った翌日より2日後くらいにぐっと貯水率が上がります。この分だと明日はもっと上がっているのではないかと思います。 
今日公表されたデータでは、江川ダムの昨日からの増量は1,177,000立法メートルで、この1日の増量分だけで、瑞梅寺ダムの約1個分の量に匹敵するというのですから、水源の大きさがわかります。
 福岡市の水源のダムは、既に例年同時期の貯水率を上回り、どこのダムも100%にかなり近付いてきています。これで、渇水の可能性はぐんと下がりましたが、一転、各地で大雨被害が発生しています。そこまで降らなくても。。。。と思うのですが、思うように行かないのが自然の難しさなんでしょうね。
 何事も中庸ということでお願いしたいものです。
2005.07.03 降り過ぎです
 昨日は、福岡でも久々に雨らしい雨が降って、大喜びした私でしたが、今回の雨は、あまりに急性だったようで、各地で水の被害を引き起こしています。
 福岡地方は、すぐに雨の中心を抜けてしまったので、久々の恵の雨という状態でしたが、同じく水不足に悩まされていた四国地方は、恵みの雨の域を通り越して、大雨による災害や事故が多発し、大変なことになっています。何もそこまで降らなくても。。。。。と思うのですが、人意で操作できないのが、自然の難しいところです。
 大雨を降らせている梅雨前線は、これからもしばらく日本上空に留まる模様で、大雨に対する警戒が必要ということでした。今は雨の中心は近畿地方に移っていて、明日は、近畿から中部地方にかなりの雨が降るようです。大きな被害が出ないことを心から祈っています。
 昨日久々に雨が降った福岡地方。それでも福岡市の雨量は9mmということで、焼け石に水という感じでしたが、今日はかなり本格的に降りました。アメダスの雨雲の動き(実況)で確認したところ、福岡市内に土砂降りをもたらした雲は、その後、福岡市の水がめ江川ダム周辺にもかなりの雨を降らせたようなので、ダムの貯水率もかなり増加したのではないかと思います。福岡市水道局のHPで「きょうのダム状況」が公開されていまして、毎日朝9時時点の貯水率が掲載されているのですが、さすがに土日は更新お休みのようなので、月曜日にチェックしたいと思っています。かなり楽しみです。(笑)
 今回の雨雲の動きは、典型的な福岡での雨雲の動きとはちょっと違っていました。いつもならば南西のほうから雲がやってきて、北東に抜けていくのですが、今回は、今回は北西の海から雲がやってきて南東に抜けていきました。雨雲の中心はそのまま四国に移動していったので、福岡と同じく雨不足に困っていた四国の方々も、一安心といったところではないでしょうか。
 6月中は本当に雨が降らない毎日でしたが、毎日雲一つ無い晴天が続いていたかといえばそうではなく、雨雲らしい雲は毎日のように見かけますし、降水確率もかなり高い日もあったのです。普段この程度の雨雲が出れば雨が降るのだけれども。。。という状態にも何度かなったにも係らず、結局ほとんど雨らしい雨にはならずに、強風に雨雲が飛ばされて散ってしまうという毎日でした。あんまり降らないもので、雨が降り方を忘れてしまったんじゃないかと思ってたくらいです。
 それがいきなり、昨日は思い出したように雨が振り出し、今日は、これまでの分も全部降らしてしまえというくらい降ってました。例年の梅雨だと雨の日は憂鬱なんて思ったりするのですが、今日は「土砂降りもまた嬉し」でした。
 とはいうものの、いきなりの集中豪雨に水の被害が出ている地域もかなりあるようなので、喜んでばかりもいられません。もうちょっと、中庸にいかないものでしょうかねぇ。
2005.06.28 異常気象?
 新潟では記録的な豪雨でかなりの被害が出ているようです。新潟に大雨を降らせた梅雨前線は、先週勢力を落として一時消滅していたもので、それがいきなり復活して、本来なら南から徐々に北上する前線が、日本の南方の太平洋沖から、一気に北上して(ワープしてと言ったほうがイメージには合うかも)日本海に出現したのだそうです。
 そこに南の温かい湿った空気が流れ込んで、新潟あたりに大雨を降らせた。その雨を降らせたあとの乾いた空気が山を越えて関東にからっ風邪になって吹き降ろし、フェーン現象を起こして、関東地方は記録的な高温となったということでした。
 そして、福岡は今日も曇っただけで、雨は降りませんでした。天気図で、雨雲の様子を1時間毎くらいにチェックしていたのですが、今日は九州北部地方も、1時間に1mm~3mm程度の雨が断続的に降っていまして、雨不足の折、1mmの雨でも降ってほしいという気持ちでしたが、いつ見ても、福岡県だけすっぽり雨雲がないのですよね。大分・熊本・佐賀・山口と、回りを全部雨雲で囲まれても、福岡だけは、ぽっかりと雨雲なしの状態になってました。何故にここまで徹底して福岡を外しているのでしょう。本当に意図的としか思えません。(苦笑)
 新潟地方の雨、半分福岡で引き取りたいくらいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。