上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 会社を動かしていた幹部社員がごっそり逮捕されて、表のカリスマと裏のカリスマを同時になくしたライブドアは、本体の事業の実績がほとんどなかっただけに、求心力を失ってあっという間に潰れるのではないかと思っていたのですが、どうやら急に潰れることはないようです。1つは、子会社にきちんとした事業の実態のある会社があることもありますが、ホリエモンの後を任された新社長の平松さんの影響が一番大きいのではないでしょうか。最後に会社を平松さんに託したホリエモンの選択は、彼の唯一の良心だったのかもしれません。。
 まずは、平松さんは、今問題になっている粉飾問題にはノータッチであること、そして何より、最後までホリエモンを受け入れることのなかった経済界の重鎮たちからの信頼が厚いということです。
一般には「革新的で、旧価値観を打ち破る救世主だ。」とはやし立てられ、崇拝者を集めたホリエモンが、本当はモラルのかけらもない拝金主義者(これは昔から手をかえ品を変え世の中に出現します)で、その会社を救済する最後の安全ネットが、お金ではなく、旧世代の価値観と言われた「長年の努力で培ってきた人と人の信頼関係」だというのは、かなり皮肉な結果です。ここから学べる教訓は沢山あると思いますが、それがホリエモンに踊らされ拝金主義に毒された多くの人たちにも伝わることを祈っています。

 ライブドアのやっていることを見て私が感じていたのは「これはリクルートコスモスの事件と根は同じだ。」ということでした。汗水たらして働くことなく、株で濡れ手に粟の資金を手にいれる。この魅力はたまらないものがあると思います。人は楽な方楽な方に流されるもので、それが「正しい」と主張するカリスマ現れると、人々は熱狂的にそのカリスマを迎え入れる。けれどもそこに真実はない。リクルートコスモスの事件から20年近くたって、あの頃「こういうのはダメだ。」と身にしみた世代はもう40代も後半以降。ホリエモンに踊らされた世代は20代30代が中心。つまり「これは怪しいのでは?」という臭覚を持ち合わせていない世代です。多分、時代が一回りか二周りすると、また同じような扇動者が救世主の顔をして現れることでしょう。教訓は風化し、歴史は繰り返される。
スポンサーサイト
 電源の故障だったことが判明しました。
 電源系統のパーツをいれかえるということでしたが、なんせ、1年前にモデルチェンジの時期を狙って特価で買った品ですので、製品としてはかなり古い
(2年前の製造って感じでしょうか)モデルになりまして、電源系統の部品が欠品状態なんだそうです。
 私も同じような業界に身を置くものなので、2年前の量産品の部品となると、欠品取り寄せになってしまうのも理解はできますです。しかも電源。どちらかと言うとあまり壊れない部分でもありますし。。。。というので、9月末まで修理ができないということでした。
 提示された案は2つ。第一の案、代替品で2ヶ月繋いで、その間に修理する。第二の案、新品交換する。しかもモデルは1つ新しいタイプ。(たぶん同機種はもう在庫がないんだと思います。)
 これが冷蔵庫とか洗濯機とかエアコンとかなら、迷わず案ニなのですけどね。テレビやビデオでも案ニでしょう。でもねぇ。FDD内臓DVDとかPCとかになると話はそう簡単ではないのです。大切なのはソフトの方なのですから。
 壊れたDVDには標準録画で100hのFDDが内臓されていて、1年で60hほど録画していました。ぼちぼちDVDに落としてはいたものの、まとめて編集してDVDにと思って残していたものがほとんどで、それを諦めるのは本当に辛いのです。かといって、修理して戻って来たものが、DVDに落とす間にまた壊れないとも限らないですし、(修理したものは、数ヶ月後にはダメになるというのが経験則)、新しい製品の方がバグフィックスしていて、障害に強い可能性が高いです。
 たぶん、メーカーさんとしては、新品のしかも新しい機種を提供するってことで、精神誠意の対応ってことなんでしょうが。。。はぁ。。。結局、新品を頂くことにはなりましたが。。。。でも、諦めきれないFDDでした。
 私にとっては、本当にお宝映像の山でしたのに。。。(しくしく)
 
 朝日新聞の土曜日版の記事でワタミ社長の渡邉美樹さんが紹介されていました。記事の詳細はさておき、この記事を読んで考えたことがあります。
 この方は23年前、1年間佐川急便のセールスドライバーをして独立資金(300万円)を貯めて事業を始めています。これについて、「独立資金をためるためとはいえ、なぜ、佐川急便に?」と問われて「自分の汗と引き換えに、資本金をためたかったから」と答えています。この時に語られた「お金に色はないとよく言われるけど、あるんですよ。汗と引き換えか、右から左にものを動かして得たお金か、という色が。」という言葉が私の心に響きました。そして、私が今持っているお金が、「汗と(涙と)引き換えに得たお金」であることを、少し誇らしく思いました。
 最近まで私も、まじめに働いて対価を得たことを誇らしく思える社会こそが、まっとうな社会であって、「右から左にものを動かして得たお金」の方が素晴らしいと感じる社会は、かなり危ない社会だと思ってきました。もちろん、今でも基本的にはそう思っていまが、最近なって、ちょっと違う考えも持つようになりました。
 それは、世の中で輝きを持つお金というのは、2種類あるということです。1つは、この渡邉社長が語ったように、「汗と引き換えに得たお金」です。社会に何かしら貢献することで得られるお金。これは、たとえ小額であってもキラキラと輝くものだと思います。ここで重要なのはお金を得る過程です。それならば「右から左にものを動かして得たお金」はダメかといえば、そうとは言いきれないと思うのです。この場合はお金を得る過程は、確かに輝くものではありませんが、こういうお金でもキラキラ輝くケースもあるはず。それは、何のためにそのお金を得るかという目的にあると思うのです。もしその目的がそれを使って社会に貢献するというものであれば、そのお金もまたキラキラと輝くものになる。
 この渡邉社長をモデルに、「青年社長」という小説を書いた作家の高杉良氏は、渡邉社長についてこう語ったそうです。「人を動かすことにかけては強烈な自信がある。なのに、ギラギラして見えない。利益追求だけでない、彼なりの死生観に裏付けられた使命感のようなものがあるから」と。まさにこれなんだと思うのです。経済活動の目的が利益追求だけになってしまったら、社会はおかしな方向に行ってしまいます。資本主義なんだから、利益を追及してどこが悪いと言われるかもしれません。でもちょっと待ってください。遠い昔に物物交換から始まった経済の仕組みというのは、元々何のために始まったのでしょう?それは、「人々の生活を豊かにし、便利にする」ためではなかったのでしょうか。だとすれば、人々の生活を豊かにも便利にもしない経済活動というのは、根本を踏み外しているのではないかと思います。
 私のような小市民は、コツコツ真っ当に働いて、「汗と引き換えに」賃金を得るのがやっとですが、日本の経済を動かしている方々には、経済活動の根本が社会貢献にあることを中心に据えて、本業で製品やサービスを社会に提供することによってそれを実現するのか、または利潤追求によって得た利益を適切に社会に還元することによってそれを実現するのか、考えてみてほしいと思うのです。どこかしら全てがマネーゲームめいた社会に傾倒しつつある今だからこそ、原点を見つめなおす必要性を強く感じます。
... 続きを読む
 昨日公表された高額納税者ランキングをみていて、投資関係の方々の活躍が目だっていたように思います。一時期に比べると、経済環境は底を脱したかなと思われる状況なので、今こそ株なのかもしれませんね。
 私は慎重すぎるのか、単にお馬鹿なだけなのか、いつもブームの最後に乗っかって、のっかたら途端にバブルがはじけるというパタンなので、もう迂闊には株には手をだせないな。。。と思うのですが、コツコツ働いて、コツコツ貯めても老後の資金が足りなそうなのが目にみえているもので、なんとか上手く利殖できないものかな。。。と考えてしまいます。
 私の家系は長生き家系。私は疲れやすい体質で、無理はできませんが、その分無理をしないことを身につけているので、多分90才から100才まで生きるでしょう。公的年金があまり当てにならないと言われている昨今。やぱり安心して長生きできる資金を今のうちになんとか手当てしておかねば。。。やっぱり株でしょうか。う~~~ん。3度目の正直?
2005.04.21 やはり道険し
「フジテレビとライブドアの業務提携」は有名無実ではないかというお話。今日はそれを裏付けるようなニュースが流れていました。フジサンケイグループが主催する女子プロゴルフ大会「フジサンケイ・レディース」の取材をライブドアが申し込んだのに対し、フジが、大会の運営マニュアルに従い「ネット上のメディアの取材は受けない」と断わったというお話。業務提携の話がまとまる前にライブドアが申し込んだ時は、当然のごとく断られ、今回の業務提携話を受けて再度アタックしたにも関わらず、結果はやはりNO!
もともとフジは本気でライブドアと業務提携する気があるのか、私はかなり訝しく思っておりましたが、今回のことで、ますます確信を深めました。
 フジテレビは、ニッポン放送の子会社化が完了するまでは、のらりくらりと「検討中です」というポーズをとりながら、申し訳程度に少しだけ提携っぽい実績も見せて、ニッポン放送の子会社化が完了し、フジテレビの持株状況も安定したら、資金回収のためにライブドアから引き受けた株は全部放出するのではないかと予想していました。
 しかし、現実には、フジテレビは取得した株を2007年9月までの約2年間は手放せないんだそうです。ライブドアは配当金0の会社で、株主にはほとんどリターンはないですし、社会的な問題を引き起こせば、フジテレビも批判を免れないので、フジテレビはかなり警戒しているでしょう。
 それもあってか、フジテレビは株主としてライブドアに役員を送り込む計画をしているというニュースが流れていました。が、私は実はこれは単なるフジテレビのポーズで、実際に送り込む気はないんじゃないかと思います。送り込んでしまえば、それこそ、ライブドアが問題を起した時に、フジテレビの責任が問われますし、お互いの関係も深くなる。
 そこで、私の大胆予想は、フジテレビはとりあえず事態が落ち着いたら、ライブドアの株を全部貸し出してしまうって予想です。問題は引き取り手があるかですね。ライブドアの株価がちょっと持ち直したのは、バックにフジテレビが付いて、ライブドアの会社の価値が上がったから。一方、ライブドアの株を買わされるはめになったフジテレビは、不安要因を抱えたってことで、株価暴落。こうなってしまうと、今やライブドアの株はババ抜きのババ状態で、投機目的の個人投資家くらいしか手が出せなくなってますです。
 こんな状況で、ライブドアの株をまとまった量引き取ってもいいという会社があるとすれば、それこそ敵対的買収しかありえないでしょう。フジテレビもニッポン放送さえ取り返せば、ライブドアにはもう用事は無いだろうし、損しない価格で引き取り手がみつかれば渡りに船でしょうしねぇ。
 ということで、今度はニッポン放送の株から、ライブドアの株に話は移って、夏あたりには、またまたひと騒動起こりそうと、思う私でありました。

 業務提携はもともと良好な関係の会社同士でも、お互いの利害関係や、思惑が複雑に絡んですんなりとは行かないものなのですので、最初から敵対関係の会社同士では更に困難でしょう。もちろん、嫌いな敵とも手を結ぶしかないような緊急事態が目の前に迫っているというのならば話は別で、残念ながら、フジテレビはライブドアと手を組まなければならないような差し迫った状況にはないのですよね。その気のない相手を、必要にも迫られてない状況で、その気にさせる。ライブドアの選んだ道もまた険しです。
三月も終わりに近付き、昨年の今ごろは、確か桜が満開でした。
なのに何故に今年は今ごろになって雹が降るのか、本当に不思議です。少し暖かい日が続いたかと思うと、突然寒くなって雪が降るというパタンを2月3月と繰り返してました。おかげで猛烈といわれていた花粉は、時々中休み状態で、花粉症は思ったほど悪化はしていませんが、いつまでも寒いのはちょっと苦手です。早く暖かくなってほしい。
さて、ここのところずっと注目していたライブドアvsフジテレビですが、今日東京高裁がニッポン放送の新株予約権発行の差し止めを命じる決定を出したことで、一気にライブドア有利に傾いたかに思われたのですが、なんと夕方にはソフトバンク系金融会社がフジテレビの筆頭株主になったニュースが流れていました。
「消費貸借契約」なる私にとっては未知の単語が飛び出しました。(今回の騒動では、これまで知らなかった単語がホンホン飛び交って、お蔭様でいろいろな法律等お勉強する切っ掛けとなりましたです。)それにしても、
******余震のため一時中断(><)*****************
フジテレビ、ニッポン放送、SBIの3社が連携し、ファンドを通じて、映像や音楽、出版、ブロードバンド(高速大容量通信)関連事業の分野で、ベンチャー企業の発掘、育成などを目指すというのだから、これこそ、本当はライブドアがフジテレビやニッポン放送を手中に納めてやりたかったことなんでしょうけど、フジテレビとニッポン放送は、別のパートナーと手を組んでしまったわけですよね。
SBIはフジ筆頭株主になっても、フジテレビに役員を送り込んだり経営に関与する意図はなく、純粋に提携してビジネスをやっていきたいということらしいので、フジテレビにとっても願ったり叶ったりの相手だったのでしょうねぇ。
このフジテレビの隠しダマには驚きましたが、今回のことは、ライブドアがちょっと強引過ぎたんじゃないかなと感じました。
寒さが和らいだと思った途端にこれです。はぁ。。。朝家をでて、夜家に帰るまで、日のある間は外にでることがないので、まだ救われておりますが、花粉予報によれば今週は、かなりの量の花粉が飛ぶらしいです。要注意だわ。
さて今日の話題はフジテレビのニッポン放送株のTOBが成立したらしいという話題。ライブドアとフジテレビの争いって、見てる部外者にはなかなか見ごたえがあって面白いと思ったのですけど、ニッポン放送の社員さんにしてみたら、とんでもない話しだと思うのですよね。自分らの会社なのに、なんだかニッポン放送やそこで働く社員さんそっちのけで、話しが進んでいるのですから。
経済活動って、利潤追求という面は確かにあるけれども、一方で社会的な側面というのがあると思うのです。M&Aは停滞している経済状態をぐっとよい方に引っ張るちからもあるし、確かに有用ではあるけれども、やっぱり、そこに正義があるのかって部分は大切だと思う。積極的であれ、消極的であれ、皆に賛同されるものでなければ、結果的には成功しないんじゃないかな。M&Aに成功しても人心が離れて事業に失敗すれば本末転倒なんですからねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。