上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.23 すなおに
お盆に実家に戻り、PCのない生活を数日送ったのを切っ掛けに、日記の更新をサボってました。
というか、今は創作の方にはまっていて、私の「ものを書きたい!」という情熱が全てそちらに向いてしまっていまして。。。なかなか日記まで回ってこないわけですね。はい。でも、これからは、また、薄いやつでもちゃんと書こうと思う次第です。はい。反省。
スポンサーサイト
 電源の故障だったことが判明しました。
 電源系統のパーツをいれかえるということでしたが、なんせ、1年前にモデルチェンジの時期を狙って特価で買った品ですので、製品としてはかなり古い
(2年前の製造って感じでしょうか)モデルになりまして、電源系統の部品が欠品状態なんだそうです。
 私も同じような業界に身を置くものなので、2年前の量産品の部品となると、欠品取り寄せになってしまうのも理解はできますです。しかも電源。どちらかと言うとあまり壊れない部分でもありますし。。。。というので、9月末まで修理ができないということでした。
 提示された案は2つ。第一の案、代替品で2ヶ月繋いで、その間に修理する。第二の案、新品交換する。しかもモデルは1つ新しいタイプ。(たぶん同機種はもう在庫がないんだと思います。)
 これが冷蔵庫とか洗濯機とかエアコンとかなら、迷わず案ニなのですけどね。テレビやビデオでも案ニでしょう。でもねぇ。FDD内臓DVDとかPCとかになると話はそう簡単ではないのです。大切なのはソフトの方なのですから。
 壊れたDVDには標準録画で100hのFDDが内臓されていて、1年で60hほど録画していました。ぼちぼちDVDに落としてはいたものの、まとめて編集してDVDにと思って残していたものがほとんどで、それを諦めるのは本当に辛いのです。かといって、修理して戻って来たものが、DVDに落とす間にまた壊れないとも限らないですし、(修理したものは、数ヶ月後にはダメになるというのが経験則)、新しい製品の方がバグフィックスしていて、障害に強い可能性が高いです。
 たぶん、メーカーさんとしては、新品のしかも新しい機種を提供するってことで、精神誠意の対応ってことなんでしょうが。。。はぁ。。。結局、新品を頂くことにはなりましたが。。。。でも、諦めきれないFDDでした。
 私にとっては、本当にお宝映像の山でしたのに。。。(しくしく)
 
 今日のニュースをみていたら、イギリスの大学の研究チームの半世紀に渡る調査の結果として、物学的な父親を父に持たないケースが、全世界では25件に1件あてはまるという調査結果がでてました。
 とっても分かりにくい表現なのですけど、同ケースの一部は人工授精の際の精子の取り違えによるものもあるけれども、ほとんどは妻の婚外交渉が原因だそうで。。。。ほぉ~~~~~そうなんだぁ。と思った次第です。ほぉ~~~~
 今日、携帯電話の写真付きメールを使い、自分の全裸写真を販売していた23歳の女性が逮捕されたニュースが流れていましたが、盗撮ものではなく、自分の全裸写真っていうのがなんともねぇ。
 そういうの平気な人が増えたってことなのか。買ってしまう人がいるから、こういう事件がなくならないのか。いろいろ考えさせられるわけですが、このお値段というのが、20枚で2000円だそうで。1枚100円。なんとも悲しくなるお話です。
 その上こんなことをしてしまった理由が 「給料が月に9万円しかなく、生活費が欲しくて」だそうで。はぁ。まだ遊ぶお金が欲しくてという話しだと、「バカじゃない」って一蹴しちゃうところですが、生活費が欲しくてって言われると、悲しくなりますねぇ。そりゃ、今時9万円では自活はできませんでしょう。自宅でパラサイトシングルって身分でもなければ暮らせません。
 生活費は必要ですものねぇ。。。だからこういう手っ取り早く稼げる方向に走っちゃうのでしょうか。
 詐欺とか強盗とかとは違う犯罪だけに、なんともなるせない気持ちになります。
 トヨタ自動車で、配偶者の転勤や介護を理由に退職した社員を原則再雇用する新制度が導入されたそうです。対象は事技専門職(大卒総合職に相当)以上の専門性・能力を有する社員で、男女は問わないということですが、ターゲットは女性。「女性が長期にわたりトヨタで力を発揮できる環境を整備する」狙いだそうです。
 導入するのは「プロキャリア・カムバック制度」。配偶者の転勤、または介護を理由に退職した事技専門職以上の社員(入社後3年が経過し、専門職を1年以上経験)が対象。退職期間の制限はなく、希望する時期に再雇用申請が可能で、退職前の部署に原則復帰できるということでした。
 ここで不思議に思ったのが、育児理由の退職のケースが入っていないことです。もしかしてトヨタでは、育児退職は実質なくなっているということなんでしょうか。とても気になるところです。
ITマネージメント・インタビューというのWebに「成果主義は失策だ」というインタビュー記事が載っていました。

まあ、外から見た話と、内側にいる人の話では、かなり温度差はあるとは思いますが
**************************
そもそも能力というものは長期的に安定したものであり、長い時間をかけて賃金と連動させてきたのです。業績のように短期でめまぐるしく変動するものに連動させて賃金まで変動してしまったら、人は暮らしていけません。こんな「その日暮らし」の状態で、腰を落ち着けて会社の未来なんか考えられますか?
****************************
 この部分には共感しました。安定の無い世界では、人は安心しては暮らせないものです。常に競争を強いられた世界にいると逆にモチベーションが維持できなくなります。

 今の社会は競争社会。何を甘いことを言ってるんだと言われそうですが、確かに企業間の競争は激しく、企業として負け組みにならないように、業績をあげて行くことは大切なことですが、それが「成果主義」の中から生まれるかといえば、それは違います。「成果主義」というのは、一言で言えば、隣の同僚との競争です。そんなところで、競争のパワーを使ってしまったら、企業間の競争に立ち向かうパワーも無くなってしまいます。企業内で大切なのは、たぶん競争ではなく、協力・協調でしょう。
 「成果主義」を導入して10年。この間に崩壊してしまったものを再生するのには、また長い時間がかかるのでしょうね。それでも、社員は働いて、自分の生活を守るしかないわけです。
2005.08.07 何故に?
 今日は夕飯を作っている時間帯(7時くらい?)にいきなりブレーカーが落ちて大慌てしました。うちはきっと電気使い過ぎ家族なんですね。心して節電せねばと思った次第です。
 こまめに電気を消すとか、待機電力を減らす等、いろいろ対策は言われていますが、一番の対策は、家族が分散しないことではないかと思う私です。が、これがなかなか上手くいかないのですよね。
 2人家族なのに、二人とも部屋にエアコン入れて、PCは2台立ち上げっぱなしで、TV&ビデオデッキはフル回転で、コンポもなりっぱなしで、しかも電子レンジも稼動させたりしたら、そりゃ、電気使い過ぎです。(苦笑)
 なんとか対策を考えねばと思う私でした。
 福岡地方は、昨日・今日と、一時的な豪雨に見まわれておりまして、短時間なので、水害が出るようなお話ではないのですが、洗濯物の被害に困っています。今日は朝から晴天だったもので、洗濯物を干して仕事に出たのが運の尽き、土砂降りにすっかりやられてしまいました。
 会社で雨を眺めつつ、「はぁ。。。もうこれで洗濯物はだめだわ。」と悲しい気持ちになったのですが、実は被害はそれだけではなく、家族がなんと布団をほしてでかけていたそうで、ずぶぬれ。あらまあ。。。。ってことで、今日は何故かキャンプ用のマットをひいて寝てました。他にも布団あるのに、きっとキャンプの気分を味わいたかったのでしょう。(笑)
2005.08.05 甲子園
 ふと気が付けが、今年の甲子園、高知代表はすごいことになってたのですね。明徳義塾が出場を辞退したニュースは見ていたのですが、本当に開会式直前だったようで、繰り上がりで代表になった高知高校も大変なようです。なんといっても選手が引退していたことでしょうか。本来なら甲子園に向けて、猛練習して臨むとことなのでしょうが、すっかり引退してしまってたというのは、選手たちへの精神的影響はどうなんでしょうか。
 学校側の応援体制もまだ整っていないようですし、せっかくの晴れ舞台、バタバタした状態で、なんだかちょっと気の毒な気がしますです。
 地域によっては空梅雨と言われた梅雨が、最後には豪雨となって、明けた今年の梅雨。梅雨明けと同時に日本各地、いきなりの猛暑に見まわれているようです。しばらくは暑い暑い夏が続くようです。
 夏前半にはほとんど話題にならなかった台風も最近はちらほら話題になってきていますし、これからが夏本番ということでしょうねぇ。
 すでに夏バテぎみの私ですが、今年の夏は「りんご酢」を飲んで乗りきります。ファイト!おー!
 先週の日曜日、いきなりDVDが壊れてしまったので、今日は、修理にもって行きました。結果が出るのに、2週間から3週間だそうです。パワフルユーザーの我が家ではその期間は長過ぎます。
 ということで、今日は、修理に出したついでに、久々にビデオテープを20本買って来ました。一度ハードディスクの生活になれてしまうと、なんだかビデオテープの世界は、かなり旧式な気がしてしまうのですが、1年前は我が家ではそれがデフォルトだったのですよね。今となっては信じられません。(苦笑)
 DVDが元気になって戻ってくることを祈りつつ、それまでは、ビデオデッキにお世話になる毎日を送ります。
 因みに、我が家のDVDは、DVDレコーダとハードディスクとビデオデッキが一体化したものだったのですけど、使ってみると、ビデオデッキはほとんど使わないことがわかりました。(というのはビデオデッキも持っているからですけど)
 以前は、8mmのデッキとビデオデッキが1台になったのを使っていたことがありますが、あれも結構短い期間で壊れてしまいました。どうやら、こういう複合タイプのものは、単体のものよりも壊れやすいようです。
 次回DVDを買いかえる時には(すでに買いかえる気になってる私)とにかくハードディスクの容量が大きくて、操作性のいいやつをと思っています。
 2005年版の厚生労働白書によれば、男性の長時間労働が多い南関東など都市部で出生率の低下が目立つ一方、女性の就労が進んだ地域ほど出生率が高い傾向もあるという数字が出たそうです。出生率を高めるには「夫の帰宅時間を早くし、妻が正規雇用に就く」ことがカギになるという話でした。
 つまりは、これまでのように、男女で役割を分担して、男性は滅私奉公で長時間勤務、女性は家庭にはいってそれを支えるというパタンだと、少子化はますます進むってことですね。よく年配の政治家の方が、女性を家庭に戻せは少子化なんて問題は解決するっていうようなことをおっしゃってますが、現実の数字は逆の傾向を示しているってことです。
 これまでの風習や思いこみに囚われて、数字を読み取れないと、時代を読み誤まることになるという典型的なパタンでしょうか。
2005.08.01 葉月.
 昨日いきなりDVDが壊れました。まだ購入して1年未満なのに、電源を入れても選択ボタンがまったく効かない状態です。ただのDVDなら別にいいのですけど、問題はハードディスク。これまで取りためた番組がまだ残ってたんです。早くDVDに落とそうと思いつつ、時間がなくてできなかったぶん。あれはあきらめされないわ。大切な映像がいくつもあったのに。
 さらにちょっと不安に思うのは、さっきから、PCのハードディスクが時々ブ~~~~ンと不穏な音をたてている事。もしかして、PCもそろそろ限界なのでしょうか。
 2006年あたりに、TVもPCもフルモデルチェンジしそうな情勢なので、あと1~2年、現役で頑張ってほしいのですけどねぇ。
 とにかくDVDは修理にださねば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。