上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近見たニュースの中で、これは少子化の要因になっているんだろうなと思うことが3点ほどありました。
 1つは本日発表された「母子家庭白書」。データ的にはちょっと古いですが、2003年の全国の母子家庭は全国で約123万世帯で、5年前より28.3%増加。2004年の平均収入は約225万円で、前年一般世帯(580万円)の半分以下だそうです。
離婚が増える理由はそれぞれにいろいろあるのでしょうが、子育て期に、収入が多くなくても離婚を決意する女性が増えているというのは、夫婦揃っての家庭が子育ての場に相応しくない状況に陥っているケースがあるのだろうと思います。
 夫が家事も子育てにもしない。つまりは、家庭生活に非協力的だという場合は、それだけで離婚のリスクも高くなりますし、女性は、現実的な生き物なので「もし離婚したら自分1人の経済力でも育てていける子供の数」とどこかで考えると思います。それ以上は産めないと。

 次に、最近急激に進んでいるといわれている産院の減少。出産数は毎年減っているというのに、それよりももっと早いスピードで産院が無くなっている地域が増えています。これでは、安心して子供は産めないでしょう。第一子で産院が見つからずに苦労したであるとか、産院が遠くて出産時に安心して出産に望めなかったとか、そういう経験をしてしまうと、第二子の出産をためらう人もいるでしょうし、出産そのもののリスクも高くなります。これもまた、女性の出産マインドを冷やす要因になっているのではないでしょうか。

 最後も医療の話ですが、小児科も産院と同じくらいのスピードで無くなっていっているという現状があります。子供の数は毎年減っているのに、そのスピードよりも早いスピードで小児科が減っていくので、子供の医療体制はお粗末な状況になっています。これでは、安心して子育てをすることは出来ません。これもまた、少子化を影で助長している要因なのではないでしょうか。

 少子化が問題だ、問題だと言われているわりには、こう言った女性の出産マインドを冷やす現状は悪化の一路を辿っていて、とても安心して沢山子供を産めるという気持ちにはなれない現状にあると思います。このあたりは、少子化対策とはあまりリンクしていないのですが、こういった問題も解決していかないと、少子化の流れは止められないでしょう。
スポンサーサイト
2006.05.26 リサイクル
我が家でもとうとうPCを買い替えることにしました。
もともとあまり新しもの好きではなくて、一度買ったらできるだけ長く使いたいタイプなもので、今使用しているPCは5年以上まえに購入したものです。
もう1台家族が使っているものは9年半ほど前に購入したもので、1996年のもの。こちらはさすがに古くてメール以外には使えません。(苦笑)
今回PCを買い換えようということになった経緯は、6月に我が家のネットワーク環境がようやくADSLから光に変わることになったこと、そして、PCとの連動機能を持つ最新の携帯電話を購入することになったからです。どちらも、古いOSには対応していないため、家族のPCは処分することにして、新しいPCを1台購入することにしました。
ここで始めてこれまで縁のなかったPCのリサイクルという話が出てきました。今では処分するのにもかなりの経費がかかるのですね。昔の機種でデスクトップ型だと、本体3000円に、CRT4000円です。高いなと思いつつも、この際だからと、その前から持っていた化石のようなノートPCも処分することにして、これが3000円。合わせて1万円ということになりました。
そういえば、今年は車の車検の年です。今回の車検では、車のリサイクルの費用も払うことになるのですよね。
まあ、今は過渡期なので、後払いのリサイクル料金が発生してしまうわけですが、必要経費とはわかっていても、購入した時にはそんな経費が発生するとは思ってなかったもので、予算化してなかった経費を後で払うのはなかなか辛いものがありますです。(苦笑)
 少し前に厚労省から「中高年男性の半数がメタボリックシンドローム+予備軍」という調査結果が公表され、話題になっていました。こちらの四十-七十四歳の男性の約25%が有病者で、予備軍をあわせると約50%に達し、女性は有病者が10%、予備軍をあわせると20%にのぼるというもの。男性の方が圧倒的に多いのに驚きました。
 この指標の1つに「腹囲(ウエスト回り)が、男性85センチ以上、女性90センチ以上」というのはあり、これを見た時に女性でウエスト90センチ以上といえば、かなりの肥満体で、そこまで太い人はそう多くは無いけれども、男性でウエスト85センチ以上は極普通に私の回りにもいるな、という印象でした。男性の指標は厳し過ぎるんではないかと。
 しかし、昨日新聞を読んで、ここで問題になっていたのは「内臓脂肪の過剰な蓄積」であって、皮下脂肪の話ではないということに気がつきました。女性は内臓脂肪として脂肪を貯め込んでいる人よりも皮下脂肪として貯め込んでいる人が多く、男性は、逆に皮下脂肪としてではなく内臓脂肪として脂肪を蓄積している人が多いのということです。そして、生活習慣病として危険視されているのは皮下脂肪ではなく内臓脂肪なので、男性の方がリスクが高いわけです。
 この違いを知って「なるほど」と納得できることがいくつかありました。まずは、私の回りの肥満体の男性の方で、医療期間でかなり強い指導を受けてダイエットをさせられている方が何人かいます。入院させられた人もいます。女性でも肥満体の人はいますが、医療機関からそこまで強くダイエットを強制された人の話はほとんど聞かないので、何故に男性ばかりなのだろうと不思議に思っていました。女性の場合は美容のために自主的にダイエットをしている人は多いのですが、男性の場合は、本当に健康のために痩せなくちゃけいないわけですね。
 昨今、このような生活習慣病のリスクがクローズアップされているためか、私の回りの男性で「ダイエットして体重を落としました。」という話をよく耳にするようになりました。方法は、食生活を規則しくして意識的に歩くようにしたとか、その程度の施策。私が長年ダイエットのために必死にやってきた努力に比べると、「はぁ?なんだそれ?そんなんで痩せるなら苦労しないわよ!」と思わず心の中で叫んでしまうのですが、大抵、みなさんこの程度の取組みで1~3ケ月で5キロとか10キロとか痩せているのですよね。
 何故に男性はあんなに意図も容易くダイエットできるのか、非常に不思議でしたが、その回答も新聞記事にのっていました。その記事によれば、皮下脂肪は定期預金、内臓脂肪は普通預金なんだそうです。つまり内臓脂肪は簡単に落とせる種類の脂肪で、皮下脂肪はなかなか落とせない脂肪ということです。故に、内臓脂肪の多い男性は、割合簡単にダイエットに成功し、皮下脂肪中心の女性は、なかなか減量に成功しないというカラクリ。
 私は、先日双子のお笑い芸人さんが、1月で9キロの減量に成功したというTV番組に触発されて、夏の前のこの1ケ月間をダイエット強化月間と位置付け、5キロ減を目標にダイエットを開始しました。すでに2週間弱過ぎましたが、落ちた体重は1.5キロ。年齢の関係で基礎代謝がかなり下がっていますので、1日に必要なカロリーはもともと多くはなく、もともとそれほど大食漢でもないので、食べる量を減らしても激的な減量は期待できません。このあたりは10代20代のダイエットとは全然違うと思います。また、同時期に同じように1カ月間集中ダイエットをやっている男性の方を知っているのですが、彼は、もともと、私の体重の2倍超の体重なので、一概には比較できませんが、彼は1日1キロのペースで減量が進んでいます。その方と比較して、何故に私はこんなに体重が落ちないんだろうと、ちょっと弱気になりましたが、結局は、内臓脂肪と皮下脂肪の差なのかなという結論に達しました。
 ということで、1カ月の強化月間の後に、更に2~3カ月フォロー期間を設けて、徐々に定期預金の皮下脂肪を落としていきたいと思っています。頑張れ>自分。
 今日の朝刊に内臓肥満の話しが載ってまして、40歳以上の男性の半数が要注意で、女性の場合も20%程度が要注意だそうです。
 だからというわけではありませんが、たまたまGW後半に実家に遊びに行った時に、母から「体調がよくなるから」とクエン酸を貰いまして、飲み始めました。タブレットのような飲みやすいタイプもあるらしいですけど、良薬口に苦しということで、粉末状のものを水に溶かして飲んでいます。1日の摂取量は10~15グラムということなので、それを1000ccの水に溶かして、1日で飲むようにしています。母は500ccの水に溶かして飲んでいましたが、私はあまりのすっぱさに2倍に薄めることにしました。もともと水分を取るのには苦労しないタイプなので、2000ccでもいけそうな感じです。

 今日で3日目。実感した効果としては快便効果でしょうか。(笑)クエン酸そのものはダイエット効果があるものではなくて、体内の糖や脂肪をエネルギーに変える働きをするものらしいです。そして元気ハツラツになるらしい。まあ脂肪が燃焼されればダイエットにもなるわけで、内臓脂肪の燃焼にも効果があるのではないかと思っています。

 まだまだ効果の程は分りませんが、1月は続けるつもりなので、1月たったらこちらに結果報告を載せたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。