FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年3/31時点での日本の人口調査の結果がでていましたが、総人口は1億2686万9397人で、前年より4万5231人(0・04%)増加だそうです。ちなみに、話題になっていたのは男性の人口で、男性の人口は6207万6658人で、前年同期に比べて1万680人(0・02%)減り、1968年の調査開始以来、初めて減少に転じたとのことでしたよ。ということは、女性が6万人ほど増えたということですね。とは言うものの、生まれてくる赤ちゃんの性別でいえば、男の子の方が多いので、男性は亡くなった方が多いってことになりますでしょうか。
 日本の人口は2006年でピークを迎え、あとは徐々に減少するといわれていましたが、今回の調査結果は、まさにそれが現実味帯びてきたことを表しているように思います。
 人口減少というと、これまでは、大規模な自然災害や伝染病の発生、飢饉や戦争などにより沢山の人が亡くなって減少するケースがほとんどだったのではないかと思うのですが、平和な社会で、特にこれといった要因もなく、徐々に減少していくというのは、かなり稀有なパタンでしょう。
 考え方によっては、すでに飽和状態を超えたので、自然に減っていって、ちょうどよいところに落ちつくといことなのかもしれません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mymirage.blog6.fc2.com/tb.php/161-dc2c3e8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。