FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日母子会の会長さんからお電話がありました。1月末の日曜日に母子会の体験発表会があるので、参加してほしいというお話でした。「是非、あなたに参加してほしいのよ。」と言われ、一瞬それは体験発表をしてほしいという意味なのかとドッキリしてしまいましたが、どうやら、聞きにきてほしいという話のようでした。「お子さんも一緒に。」とかなり粘られましたが、仕事にかこつけてお断りしようと試みました。実を言えば私の仕事は一応土日がお休みです。でも今は忙しいので土曜日は出勤する可能性大。でも日曜日はお休み。会長さんもかなり必死だったようで、「日曜日は仕事がはいるかもしれないので。」という私に、「お休みだったら来てもらえます?いつになればお休みか、仕事か分かります?」とかなり強引なお誘いでした。どうやら、政治家の方々や、市のお偉いさんたちも聴講されるということで、その会を盛況にする必要があるらしく、各区ごとに参加者の割り当て人数が決まっていて、その人数分参加者をなんとしても集めなくてはいけないようでした。会長さんも大変なのだと事情は察するにあまりありましたです。
市のお偉い方々は、「土日はお休みだから、当然みんな集まれるだろう。」とおっしゃるのだそうです。母子家庭のお母様方、土日がお休みの正社員についているかたはそう多くはないと思います。サービス業だと土日がかきいれ時なわけですし、特にパートだと、家計の補助で夫の扶養の範囲内で働いている主婦の方に比べて、母子家庭の方は、生活がかかっているわけで必死でしょう。首になっては困るので、土日は仕事しませんなんて言っていられないと思います。
というので、仕事で参加できませんという方が多かったようで、仕事がはいるかもしれないという程度の私は格好のカモだったのでしょう。どうしても参加してほしいと食い下がられました。でも私はお断りしました。というのは、私は普段とても長時間の勤務をしています。朝8時過ぎに家を出て家に帰るのは夜の9時過ぎです。通勤時間なんかに時間を取られたら生活がなりたたなくなるので、会社のそばに引越しましたが、それでも、通勤時間を含めれば12時間以上を拘束されます。週に1度くらいは夕方7時前に帰れる日もありますし、土曜は休みの週もあります。が、こういう生活なので、日曜日は、集中的に家事をする日、またはゆっくりと体を休める日なのです。そこで、家事をこなせなかったり、休息がとれなかったりすると、次の1週間は本当に大変な目にあいます。それでなくても週の後半は、食料は乏しくなるわ、洗濯物は山のようになるわで、息も絶え絶え、綱渡りのような生活をしています。そういう現実なもので日曜日は勘弁してほしいわけです。次の週をなんとか乗り切るための準備をさせてほしいわけです。きっとそういう、ちょっと考えればわかりそうな事情って、市のお偉い方々には、想像もできないのでしょうね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mymirage.blog6.fc2.com/tb.php/180-5b58d9c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。