FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[山田孝之、隠し子発覚…出産も結婚せずで合意]というニュースが流れておりました。ひと時代前だと無責任なとんでもない男ってことになるのでしょうが、私はそうは思いませんでした。
両親揃っている家庭が幸せというのは幻想だと言う現実を山ほどみてきましたので、今は、家族のありかたは1つではないと思います。私が作った標語で、子育て世代の女性にウケた標語に「子供の天敵、幼児の間は父親で、大きくなったらよそのおじさん。」というのがあります。両親揃っていても育児には手を貸さない父親は山ほどいます。手を貸さないだけならまだましで、子供に妻を取られたと、赤ちゃん返りしてやたら妻の手を煩わせる夫とか、自分の思う通りにならない子供を虐待する夫など、いないほうが楽なんですけどというケースも山ほどあります。
できちゃった結婚で結婚したものの、結局動機が不純なだけに上手く行かず離婚。しかも、養育費も払わずに子供を女性に押し付けて、自分は何事もなかったかのように自由な独身生活に戻る男性。普通に、正式に結婚して正式に嫡子として生まれた子供でも、離婚したら、養育費も払わない父親。そういうケースはごろごろあります。
それに比べれば「生活費、養育費などすべて負担している」山田君は偉いです。女性も結婚を望まなかったようですし、その状況で、中絶することなく、それぞれにできる方法で子育てをすると決心したのは、偉いと思いますです。
時代はわかって行きます。自由恋愛の時代ですので、男女の関係で結婚は誠意でも責任の取り方でもない時代に流れていくでしょう。男女の愛というのは、所詮不安定なものですが、子供が生まれれば、その子供の父親であることからは、一生逃れられないわけで、女性との関係が終わった後も、父親としての責任はきちんと果たして行くことは、とても大切な事だと思います。それができる男性であれば、父親となる資格は充分でしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mymirage.blog6.fc2.com/tb.php/188-371b3970
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。