上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季節は冬のイタリアのトリノで第20回冬季オリンピックの閉会式が開催された2月26日、季節は夏のブラジルのリオデジャネイロではリオの「カーニバルが最高潮に」というニュースが流れていました。
踊り子と観客が一体となり荒々しいサンバのリズムに体を振るわせ、踊り明かすカーニバル。期間中、全世界から約70万人が訪れるということです。

私も一度は見てみたいと思いながらも、反面、多分一生見る機会はないだろうなとも思っています。リオのカーニバルといえば、世界でも有数のメジャーなお祭りという印象でしたが、観光客の数が約70万人というのは意外でした。これは海外からの観光客の数なのでしょうか?それとも国内の観光客も含むのでしょうか?
あらためて考えてみると、私の地元福岡でも、踊り手と沿道の観客が一体となり踊る「博多どんたく港まつり」というのがありまして、こちらはGW期間ということもあり、出場者約3万1千人、見物客約200万人と言われております。規模からするとリオのカーニバルより大きい?
しかし、福岡市に在住してこのかた二十数余年、私はこの「博多どんたく港まつり」を見たことがないのです。GW期間中ということもあって、田舎に帰省していたり、旅行に出ていたりで、自宅で過ごすことが少ない。まれに自宅で過ごす場合は、仕事の関係で出勤せねばならないからということで、その時期に天神界隈に出かけることがないのが原因です。身近にありすぎていつでも見れると思う気持ちがこの結果になっているのかもしれません。
ということで、今年はまずは身近な「博多どんたく港まつり」を見に行くことにします。友人を誘って(今「ギクっ」とした貴女、多分貴女のことです。御覚悟を。)のんびり天神からキャナル辺りを散策します。(^^)/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mymirage.blog6.fc2.com/tb.php/192-1d2cc1d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。