上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今年のGWは前半の連休で(「前半を連休にして」が正しい表現かも)仙台に行きます。初めての仙台です。朝夕も外に出る予定なので、天候&気温が気になっています。やはり仙台は寒いのでしょうか。
 4月という月は、地域によって気候にかなり格差のある時期だなと感じたのは、もう何年も前、会社に入社した4月からGWの声を聞くまでの約1月間、関東の会社の寮で生活した時に感じました。
 その寮は、新人が入社して、本格的に配属先が決るまでの1月ほどの研修期間に全国から新入社員が集まってきている寮でした。私の回りは私と同じく九州からの人が多く、私の同室の人は宮崎県出身の人。同じフロアーの部屋も、ほとんど九州出身者でした。唯一大学時代の私の親友は、上の階の部屋で、新潟から来た人と同室だったのですが、お部屋に遊びにいって驚きました。
 新潟出身のその人は、部屋にコタツを持ち込んで、しかも、本人は綿入れのようなものを着ていました。彼女にしてみれば、きっと新潟では、4月の期間は極普通にコタツに綿入れの生活だったのでしょう。
 一方、福岡では(内陸の寒暖の差の大きな地方は別として)一般に春休みになると、暖房器具を片付け、服も真冬の服は整理してちょっと薄手の春物に変わります。
 この感覚で、関東地方の寮に入った私は、朝夕はかなり寒い思いをしていまして、時々大学時代の親友を訪ねては、同室の方のコタツに入らせてもらっていました。
 関東は、太平洋側とは言っても、やはり、福岡よりも新潟の方がぐんと近くて、気候もそっちに近いのかなと思った次第です。
 ということで、4月末の仙台、天気もちょっとぐずつきギミの予想となっているようですし、しっかり防寒具を持っていきたいと思っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mymirage.blog6.fc2.com/tb.php/203-502c8030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。