上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ安倍内閣が誕生して間もないというのに、安倍内閣の閣僚は、あまりに質が悪すぎませんか?議員公舎を違う目的で使って自分勝手に解釈して平気な人、その大臣を務めるにはあまりに資質が欠けている人。こんな閣僚メンバーで、本当に「美しい日本」が実現できるのでしょうか。
法律に違反していなければ何をしてもいいというわけではないことは、誰もが知っていることだと思います。法は拡大解釈していいものではなく、やってはいけない最低ラインのもの。それ以外に社会には慣習やモラルや不文律があります。そのハードルをどの高さに設定するかは、個々の個人の人格の高さによって違ってきますし、おかれた環境によっても違います。
「衣食足りて礼節を知る」といいます。少なくとも政治家は、湯水のように贅沢にお金を使わない限り、衣食が足りる程度の議員報酬を得ているはずです。しかも人の上に立つ人です。もっと礼節をわきまえるべきでしょう。自分の行為には常に「三省」の気持ちを持って、客観的に自分の行動や発言が国の指導者として尊敬に値するものかを省みてほしいものです。それくらい自分に厳しいというのが、まずは政治家たる人に必須の資質ではないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mymirage.blog6.fc2.com/tb.php/221-f5d22d07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。